町田真弘会が取り組むSDGs

SDGsとは、2015年に「国連持続可能な開発サミット」で採択された2016年から2030年までの「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)」です。17の目標と169のターゲットを掲げ、持続可能な社会の実現をめざしています。

私たちは「福祉」の本質を貫き、これからも社会的責任を果たしてまいります。誰一人取り残さない持続可能な社会の創造を目指して下記の取り組みを行い、SDGsの達成に貢献していきます。

sdg_icon_11_ja_2.png
sdg_icon_03_ja_2.png

地域で住み続ける支援

高齢者介護施設として認知 症介護のプロフェッショナルとして、高齢者の方が認 知症になっても、住み慣れた地域で末永く住み続けら れるよう支援致します。

sdg_icon_04_ja_2.png

職員の質を向上させる環境づくり

社内研修のスケジュール化。外部研修の積極的受講をはじめ、個々の経 験、スキルに応じて多様な研修体制を整備しています。職員一人一人の モチベーションアップとサービスの質の向上を目的としています。

sdg_icon_05_ja_2.png

女性職員の活躍

職員の 60%以上を女性が占める職場であります。そ のため女性職員の処遇改善に取り組んでいます。リーダー層以上の職種 に占める女性職員の割合は 70%を超えています。今後、働き方への配慮 として託児施設の設置を検討していきます。

sdg_icon_07_ja_2.png

環境に配慮した取り組み

介護施設は電気・水道・ガスなどのエネルギー消費が多い場所です 毎月のエネルギー消費料の確認や電球の LED 化(現在 50%)、エネルギ ー効率の良い電気機器の導入、エネルギー消費の節約を行います。

sdg_icon_12_ja_2.png

資源を大切に、地球のために

廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用により、廃棄物の発生 を削減いたします。(食品ロス、おむつ、段ボール、ペットボトル等)

sdg_icon_17_ja_2.png

地域全体で支える 

近隣の町内会や地域住民の方々、地域の高齢者支援センターをはじめと する医療、介護、障害福祉施設と連携して地域の高齢者を支援します。